浜松市交通事故治療 HOME > 交通事故治療に遭ったら…

交通事故治療に遭ったら…

浜松市で交通事故に遭ったらどうすれば良いの?

慌てずにまずは交通事故治療の専門家へお電話下さい。 053-435-0225 (急患随時受付)
交通事故に遭った場合

まずはケガ人を助けましょう。

まずはケガ人を助けましょう。

二次被害が起こらないよう危険防止措置をとりましょう。
二次災害を防ぐために、ハザードランプや三角表示板、
発煙筒等を設置し、ご自身も退避しましょう。

警察、保険会社へ連絡

警察、保険会社へ連絡

事故後の警察への連絡は道路交通法で義務付けられています。まずは落ち着いてしっかりと通報しましょう。

・事故現場  ・事故状況   ・けが人の状態など

また、ご自身が加入中の自動車の損害保険会社にも連絡をしましょう。
連絡を行えば、その後の相手とのやり取りや、相手側の保険会社とのやり取りを、ご自身の保険会社が代行してくれます。

相手の情報、事故の状況を覚えて置けるように、確認・記録しましょう。

相手の情報、事故の状況を覚えて置けるように、確認・記録しましょう。

これだけは抑えておきたい確認事項
★相手の名前  ★連絡先  ★勤務先
できれば相手の自賠責保険や任意保険の会社名、担当者名も確認できると良いですね。
その他、車の損傷状況や、現場の写真などご自身の携帯電話のカメラで撮っておいたり、メモをしておき、物的証拠として残すように心がけましょう。後々、過失割合などを決定するときに役に立ちます。

また、その場での示談交渉は絶対にやめましょう。
現場ではケガや症状がなくても後から症状が出てくることは多くあります。
示談後、「やっぱり後遺症がでてきた」と交渉をすることになっても、揉め事の原因になります。

警察による調査、 書類の作成、過失割合の決定

警察による調査、 書類の作成、過失割合の決定

警察による調査などを元に実況見分調書という書類を作成します。
この書面により、誰が、被害者で加害者なのか割合が決められます(過失割合)
また、保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」も警察が発行するため、この書類もしっかりと保管しておきましょう。

交通事故治療の開始

   

まずはお電話下さい! 053-435-0225

   

交通事故でケガを負ってしまったら、むち打ち症専門家である当院まで、できるだけ早くご連絡下さい。
早ければ早いほど、適切な治療を早く受けられます。
また自賠責保険や任意保険を利用した専門治療や、保険手続きのサポート、病院への案内も致します。

※当院では、受付時間外の診療はお電話にてご相談を承っております。お気軽にご相談下さい。

こんなお声をよく聞きます。
保険会社に接骨院での治療は認められません と言われました。
交通事故治療は保険会社が決めた医療機関でしか治療を受けられないのでしょうか?

誤解です

通院先は患者様ご自身で決められる権利があります。
安心してご来院下さい。

   

病院で検査・診察

病院で検査・診察

交通事故の強い衝撃により見えない部分が損傷している可能性があります。
脳の異常や骨折、頚椎などの損傷が無いか、レントゲンやMRIなどできちんと検査をしてもらいましょう。
目立った外傷がなくとも油断は大敵です。また、検査で異常が無い場合でも、事故後2~3日後に首の痛みや吐き気など症状がでる場合があります。

こんなお声をよく聞きます。
病院の検査で「異常なし」と診断されました。このまま放っておいても治るのでしょうか?

ダメです!

レントゲン検査やMRIでは判断できない筋肉の損傷をしている可能性があります。見えない部分の痛みの原因を探ることが得意とする専門家である当院へご相談下さい。

当院での治療の終了(症状固定)・示談賠償額の受け取り

当院での治療の終了(症状固定)・示談賠償額の受け取り

事故後の症状が回復してきて、これ以上大きな変化がみられなくなった時点で、自賠責保険等を使った治療は終了となります。治療終了タイミングは、通院先の病院・接骨院と患者様ご自身の相談の上に決まります。保険会社の判断ではありませんので、もし保険会社の方から「もう大丈夫ですね。治療は終了しましょう」など言われてしまった場合は、ご相談下さい。

当院の交通事故治療はこちら

治療費・慰謝料についてはこちら

とりい接骨院 053-435-0225